虫の、じゃない知らせ。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

会議中に、ブルブル 📳

 

 

「( 不都合に遭ってしまったかな・・・? )」

お客様のクルマに搭載したドライブレコーダーから、私に送られてきたお知らせです。

連絡を取ってみると事故でした。

 

事故現場ってストレスがハンパないです。

そんな経験はして欲しくないけど想定してください。

 

自分が受けた衝撃は、興奮して気付けないくらい。

当事者間で何を話したか?

警察にはどう返答したか?

事故前後の記憶なんて、次の日には忘れてる部分が多くなるものです。

どんどん曖昧に、都合に寄せて、不都合を避けて、歪曲されていく。

主観な発言が多くなるのは、非日常の膨大な不都合な情報に、本能が逃避したくなってるのかも知れませんね。

 

だから衝撃を感じて、家族や私に連絡を飛ばすシステムって、お互いに助かるんです。

今回はお客様の息子さんが大活躍してくれました。

きっとご本人は深い安堵を得たと思います。

 

起きた損害は戻りません。

だから、その後をどう振る舞うか?

頼れる人は誰か?

どんな未来にしたいか?

そんな心構えが、準備を整えるんだと思います。

 

みなさまに於かれましても、安全・安心を求めていただきたいと願います。

テレビで見る悲惨な交通事故をはじめとした不都合な衝撃映像は、誰かが遭ってしまった現実です。

加害者にも、被害者にも、悲しむ方が居るはず。

当事者にも関係者にも成りたくない。

何も起こらないと信じて生きてるのも、みんな一緒。

だから安全・安心はみんなで意識したいですよね。

 

義務や道徳を守るべき時って、本能がジャマする。

そんなコト無いでしょうか?

ちっぽけな理性が巨大な本能に対峙するんです。

大変だなぁ、って思うコトがたくさん。

私だけでしょうか?

笑えること探そうっと ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL