ドゥンタッゼァ。

安全性と経済性を兼ね備えたクルマ屋、さのりです。

 

日常点検でのお願いをひとつ。

エンジンルームを診て、ブレーキの危険を予測出来る事があります。

 

 

その対象は、ブレーキオイルのリザーブタンク。

 

 

    ブレーキの危険を感じる状態

 

液面が上限 ~ 下限にあれば良いってワケじゃないんです。

液面が上限よりも明らかに低ければ、

🧐 ブレーキパッドが減っているんじゃないか?」

そんな考察をするのです。

構造の話をすると面倒なので、泣く泣く省略しますが。

(〃≧∀≦)ゞ 割愛ナ ♪

 

このクルマに於いては案の定、ブレーキパッドがとっても危険な状態でした。

 

だから。

気の利いた人や、物売りの人が、

『 ブレーキオイルが不足してます。危険ですから足しましょう。はい、500円。』

なんてされたら、危険な状態を見逃すコトになっちゃう。

安全のために、ブレーキのリザーブタンクはノータッチでお願いしたいです。

(〃≧∀≦)ゞ Don’t touch there. ♬

日常点検して欲しいと言ってみたり、ここだけは触れるなとか言ってねぇ。

口うるさいクルマ屋で申し訳ございません。

経済的で安全性の高いカーライフのためにご協力をお願いします。

 

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL