真正面に善後策。

駐車中に、ズガ~って傷付けられたお客様。

お気の毒です。

 

 

でもね、この傷を付けたお相手さんは警察に届け出をして、現場で待っていたそうです。

この物語り、どうでしょう?

 

「 正直に待っててくれたんだ~。」 が私の第一印象です。

仕事柄、未遂を含む当て(コスリ)逃げの話をソレナリに聴くもんですから・・・

当然の届け出なのに、良い人に思えちゃう。

良い意味でちょいと複雑・・・

 

きれいに修理を終えて納車させていただきました。

潔く『 すいませんっ 』 って謝られたら、被害者さんだってそんなに怒らないと思うんですよね。

普通の方なら。

スパッとした誠意に、スパッと応えて区切りたくなるんじゃないでしょうか。

今回のお客様も、『 ちゃんと治れば良いんだ 』 って納得してくださいました。

 

『 時を戻そう 』 なんて簡単に出来ません。

(〃≧∀≦)ゞ ペコパ ♪

だったら、理想的な解決のカタチを考えましょう。

不都合だけど、想定は必要だと思います。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL