見積り出来るか?。

『 いくら掛かるか見てもらえません?』

 

 

走行不能だと言うからご自宅を訪問したら、確かに痛々しい・・・

「 詳細に見積るなら手間料いただきますよ。パッと見、ざっくり 30 は超えると思いますが。」

『 せば、イイです(その先は求めない、の意)。 代替えするから。』

 

 

損傷の行き止まりまで考察するのに分解作業が発生したり、組み戻せなかったりします。

手間と時間が掛かる、こんなレベルの損傷では見積り無料とは謳えないのです。

なにとぞご理解とご協力をお願いします。

 

減速したとは思えない衝突の考察。

アクセル踏んだまま突っ込んだのかな・・・

視界不良?  脇見?

驚いたろうな。

 

『 一生涯かけて、身体の不自由を抱えて生き抜かなきゃいけない。』

わずかな油断がそんな事態に繋がる。

クルマを利用する以上、そんな見積りが出来ないと。

まして多くの人は、自分を平均以上だと思ってるそうだから。

 

是非、考えて欲しいんです。

安全運転とは、どんな運転だろうか?

そして、犠牲を強いられたクルマの気持ち。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL