あえて?。

『 スタンドでバッテリーがダメだと言われた。』

そんなセカンドオピニオンな要請を受ける事が多いです。

 

 

お客様が持参したレポートを拝見すると、現物よりも小さなバッテリーと設定してテストされていました。

間違ったのかしら?

バッテリーの診断は、体重別ウェイトリフティング選手権、って感じでしょうか。

このレポートだと、高校生の選手が小学生の基準でテストしてます。

・・・なのにNGレベル。

だとしたら、相当ヤバい状態と観れます。

 

” こんなにレベルを下げてもダメでした ”

そんな意味?

真意は不明ですが、弊社のテスターで正確に診断しても、やっぱりNGでしたから交換させていただきました。

 

正しく点検しないとセカンドオピニオンもビックリしちゃう、そんな話でした。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL