工賃が増す場面。

『 走ってて特に異常は無いです ♬ 』

了解です。

 

そう言って入庫した車検でしたが、ロアアームのジョイント( 関節 )にガタが有り、交換 🔧 を要しました。

ちなみにロアアームは、路面のボコボコな衝撃を緩衝してくれるパーツのひとつです。

構造上、ボルトナットを外せば交換出来る前提なのですが、サビが事件を起こしているケースが多く・・・

 

 

本来スコスコ動くはずのカラーとボルトがサビで一体化しちゃって、回らないし外れない。

おそらく、各会社・整備士で解決工法が違うであろうこの作業。

みなさん、どんな風にアタックしてるんだろう?

 

弊社でもスタッフJと試行錯誤して、今のところスピーディ&クリーンな工法を採っていると思っています。

それでもソコソコ臭いし汚れちゃいます。

 

切って削いで炙って。

(〃≧∀≦)ゞ スシヤ ♪

挟んで回して冷やして。

(〃≧∀≦)ゞ ナニヤ ?

 

この手の作業では、基本工賃に加え、難儀した分の工賃を加算させていただいています。

費やした時間分、って言えば技術が無いほど高くなっちゃいますからマズいですね。

極力恥ずかしくない請求に出来るよう、工法の改善を探求しています。

 

サビの少ない地域のクルマだと、こんな難儀な整備って無いのかな?

だとしたら、サビが技術を付けさせてくれていると捉えましょうか ♬

(〃≧∀≦)ゞ ヤセガマン ♪

 

ハイブリッドとか新型車だって、ロアアームの構造はほぼ一緒。

だとすれば、この難儀な作業はまだまだ続くって事ですね。

より都合良く交換出来るように最善を追及します。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL