当たり前当たり後。

お客様のクルマを引取りする時は、試運転を兼ねてます。

味覚以外の4感を使って、アイドリング・加速・ブレーキ・ガタつき・異音・臭気 などを気にしながら運転します。

霊感とか第六感は持ってません。

試運転してるクセに意外と傷んでる事に気付かないのがブレーキです。

自分の感覚が鈍いんじゃないかと疑うこともしばしば。

 

 

ご覧の前輪ディスクロータですが、当たり具合が半分なのに、違和感なく運転しちゃてるんですね。

お客様も 『 不具合箇所は無いよ 』 って言ってたし。

それだけ余裕を持った性能にしてあるんだろうな~、止まらないと危険だし。

(〃≧∀≦)ゞ トマラナイ Ha~ha ♪

 

 

仮に不具合を感じないとしても、近い将来は不安ネットネトですから 研磨修正をしました。

あ そうそう、金額と理屈が相まって、交換せず修正することが多いです。

 

     研磨修正 + 防錆塗装処理

 

ブレーキに於いては、+ アルファな整備を施すので、結果的にピタっと止まる感覚が増します。

つまり、さらにちゃんと止まるって事。

あ そうそう、モチロンギュ もブレーキシステムとタイヤの空気圧が万全な前提の話ですよ。

 

今回のように車検の場合だと、当たり前に調子良く入庫して、当たり前に調子良く納車されます。

だから、『 ドコ整備した?』 って思われかねないのですが、安全度が増されて更新されていると気付いて欲しいんだよなぁ。

それを伝えようとし過ぎると恩着せがましいし、不足だと頑張りに気付いてもらえないし・・・

塩梅が難しい・・・ あ、味覚登場した。

まぁ良いや。

当たり前の安全に、さらなる安全を+する、そんな整備に努めているんです。

安全・安心が普通と感じれるって幸せですね ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL