早めの合図アラート。

車線変更をする時、フラッシャを1~2回しか点滅させない人を視ます。

クルマじゃなくて、人のエラーですよね。

 

 

ちょいと怖いし、ヘタしたらイラッとします。

・・・若い時の私がそうでした、ごめんなさい。

合法とか道徳的に言うと、何回フラッシャが点滅するでしょう?

7回前後かな?

ここまでがフリです ♬

 

最近のクルマで、車線逸脱防止装置 なんてのがあります。

 

 

車線をはみ出しそうになると ” ピピピピッ ” って警告音が鳴ります。

真っ直ぐ走るように見守ってくれてるんですね、スゲ~。

 

んじゃ、車線変更のたびに ピッピピッピ 鳴るのかと言えばそうじゃなくて。

ハンドル操作の前に、フラッシャを点灯させると鳴りません。

つまり、よそ見 と 車線変更 を隔てるのは、運転者の役目だと言うことです。

おそらく、この装置が着いてから少しばかりストレスを感じてる人も居るのでは?  って思います。

 

早めのフラッシャ点灯は、後続車両の方への必要な合図で、大事な安全運転の作法です。

警告音の有無に関わらず、是非励行していただきたいですね。

私も頑張ります ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL