よそ見の隙間。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、さのりです。

 

追突加害経験者の私 😱 から、車間距離の根拠を見つめ直してみませんか?  って提案です。

追突を含め、事故を減らしたいのです。

 

クルマが 🚗 1秒間でどれだけ進むかイメージ出来ますか?

時速60km だと、16.7 m も進んじゃいます。

時速40km だと、11.1 m も進みます。

ちなみに 🥇ウサイン・ボルトさんの 100m走世界記録 を単純に換算すると、およそ時速37 km。

まぁ良いや。

 

 

んで、何を言いたいのか?

現在、車間距離の目安となっているのは停止距離です。

停止距離とは・・・

『 ブレーキを踏む必要性に気付いてから、停止するまでの距離 』

   表現に差異があるかも知れませんが、およそ合っているはずです。

この目安には、よそ見してる時間が含まれていません。

即ブレーキペダルを踏める状態で運転してる、が前提です。

これが皮肉に聴こえるのは私だけでしょうか?

 

” よそ見可能な車間距離を採りませんか? ” ってほど大胆な提案ではありませんが、より安全を求めてって話。

前方と言っても、路肩だったり、対向車だったり、標識だったりと、視線の方向も奥行きも違う。

どこかを注視してたら、どこかは不注視なワケだから、危険に即気付く なんて表現って実は難しい事だと思います。

だから、停止距離の基準に含まれていない分の隙間をちょっこっとだけ、空けれないかな?  と思ったワケです。

 

お聞き苦しい、いや、お読み苦しいご提案とは思いますが、意識付けに入れて欲しいと願います。

安全は自分から用意して、結果事故は減って笑顔が守られる。

子供たちにも、ごく自然な安心・安全を提供出来るって思うんですよね。

どうかしら?

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL