あっちしゃっけ。

「 あっちば開いて、しゃっけば閉じてる。」

 

パーツの紹介をします。

クルマには水温に反応して水路を開閉してくれる ” サーモスタット ” ってパーツがあります。

古くから変わらないスタイルの、物理的なセンサーを内蔵したような存在です。

 

 

こんなチカラコブみたいなケースの中で、エンジン冷却水の温度を調整してくれている。勝手に。

エンジンにとって水温管理は大事なんです。

 

 

トラブルとしては、” 開いたまま or 閉じたまま ”。

開いたまま なら ” 暖房が利かない ”。

閉じたまま なら ” オーバーヒート ”。

概ね85℃前後で開きます。

 

お茶に使うには少し高いですね。

(〃≧∀≦)ゞ ツカワネ~ヨ !

 

でも、殻に入って中身が視えませんから、本当に活躍してるかどうか?

ソレを確認するために、非接触温度計で点検します。

 

 

レーザーの当たっている場所が違うのに気付けますか?

サーモスタット前後の温度を計測しています。

 

 

今は適正に閉じている、と、前後の温度から判断できます。

 

これからの気温が高いシーズンではオーバーヒートのトラブルが増えます。

いつ、ジブンゴト になるかは分かりませんね。

んじゃ、何か対策出来るか? と言えば、なじみの整備士に点検を依頼するのが一番だと思います。

思わぬ故障は心があっちくなって、お財布事情はしゃっけくなってしまいますから、ちゃんと予防整備を済ませてからドライブしましょうぜ ♬

 

あっち = 熱い

しゃっけ = 冷たい

でした。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL