【保険屋さん】30㎝。

 

おじさんとの会話にて。

 

        画像はイメージです。

 

こよなく軽トラを愛して止まないおじさんは、今日も軽トラでやってきた。

新車のアクアを契約しに来てくれたのです ♬

 

『 いや~軽も考えたんだけどよぅ 』

「 おじさん、軽でも200万超える時代だや。アクアなら軽より丈夫だし。 」

『 んだやな、安全な方が良いな。』

「 おじさん、軽トラが危ねぇのは分かるべ?  先端から足首のところまで何センチあると思う? 」

『 ・・・30センチ無いくらいだが? 』

「 んだ~、手首から肘までくらい。 んだがら気をつけて乗って欲しいのよ。事故れば腰までペッチャンコなるの想像出来るべ? 」

 

30センチ、正解したワリに緊張感に満ちた風の表情になった。

この話題はテッパンで軽トラユーザーをビビらせます。

でも実際、そうなんです。

軽トラ = 便利。

それはそれでアリ。ただ、もらい事故まで想定して運転には気をつけてもらわないと。

もしかしたら、” 軽トラの危なさ ” は今日までヒトゴトだったのかも知れない おじさん。

この後、キュウリの苗を買い付けに行くと帰った。

やっぱり軽トラが必需カーのようです。

 

事故を想像するのは嫌でしょうけど、想定はして欲しいのです。

想定した人は無意識レベルで運転が変わると思っています。

それが、スピードと車間距離に良い影響を与えてくれると思っています。

事故は誰にも不都合です。

軽トラだけじゃなく、みんなで安全運転を意識して欲しいと願います。

 

あ、おじさん。アクア買ってくれて有難う ♬

(〃≧∀≦)ゞ マイナ~ change♪

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL