【整備屋さん】感知覚。

ガソリンスタンドでバイトしてた経験があります。

当時は、燃料タンクのキャップを開放した時に、ハイオクとレギュラーの違いを匂いで分かってました。

軽油と灯油も匂いが違うんで判断出来ます。

まぁ良いや。

 

おそらく多くの整備士さんは、クルマの近くに居るだけで、「 あれ? エンジン冷却水(LLC)が漏れてるかも 」って気付きます。

それは、LLC自体が独特の匂いを放って警告している表れなのです。

 

  

 

そして、漏れている箇所を視覚にアピールしてくれるのもLLCの特徴です。

エンジンの熱を冷ます役割の ” ラジエータ ” って部品から漏れがありました。

それとなく光って見えませんか?

 

お高い部品なので、極力部分修理を優先しています。

残存異物を落としながら洗浄して、耐圧試験を通してから再度組み付けます。

 

嗅覚が面白いのは、無意識にアクセスするトコロですね。

寝ている時でも、焦げ臭くて火事に気付いたとか、朝ごはんの良い香りがして起きた とか。

匂いで情景とか季節を思い出す ブルースト効果ってのも、それだけ嗅覚がダイレクトに脳を刺激している証でしょう。

 

これからの季節は、にわか雨後のアスファルト とか、潮風 とか、かな?

鼻腔を抜けるワインの香りも恋しいなぁ・・・

(〃≧∀≦)ゞ シッタカブリ ♪

やっぱり嗅ぐなら良い香りに限る。

そして味覚と食感で旨い肴を楽しんで・・・ おぅっ。

五感を活かして生涯を楽しみましょう ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL