【保険屋さん】自己疑心。

条件1:赤いクルマ(赤) は優先道路を直進走行中です。

条件2:黒いクルマ(黒) が小路から進入しようとしています。

極くありふれた道路状況ですね。

 

 

当然、 が通過するまで 黒 は待機です。

ルールですから。

でもね、黒 が進入してくる可能性は? 有りますねぇ。

 

ってコトで、私と嫁さんの感覚の違いを以下に。

 

「 ちょいと、なんでそんなに減速すんのよ? 」

『 だって、あのクルマが出てきたら危ないじゃん 』

「 いやいや、そんなに減速したら、譲ってくれるって勘違いして出てくるかもよ。逆に危ないから普通に行けって 」

『 やだ、相手が出てきたら停まればブツかんないじゃん、怖いし 』

「 ・・・ 」

実は、何度もこんなやり取りをしてました。

 

私の感覚で言う、” そんなに減速 ” は、彼女にしてみたら それほど減速してないそうです。

私の感覚で言う、” 普通に行け ” は、彼女にしてみたら 危険な通過 なのかも知れません。

そして、 ” 相手が出てきたら停まればブツかんない ” は、その通りです。

 

事故がバケモノ級のストレスを生むのを知っている。

そんな私なのに、自分の感覚を疑うことは無かったと思います。

永い付き合いなのに、こんなギャップに気付いたってことは、私が危険側へ退化したか?

嫁さんが安全側へ進化したか? ってコトなんだろうな。

これはギュ~っと考えさせられました。

 

でも、どんなに考えても事故の当事者にはなりたくないですもんね。

そっからは少し運転が変わったんじゃないかな~って思ってます。

(〃≧∀≦)ゞ ホントカヨ?

気付かせてくれた人に感謝、気付けた自分にも感謝。

自分を疑うのは疲れますけどね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL