【ココロ整備】早速の頂戴。

高校の入学式で、有難いお話を頂いてきました。

学年主任さんの挨拶です。

 

 

『 高校生にもなると、親との会話が減るものです。

それでも、親が工夫して 会話する機会を作ってください。

その中で、傾聴力というものが大事になると思います。

気持ちを相手に傾けるように興味を持って聴くと言うことです。

そして、傾聴というのは聴くだけではないのです。

相手の表情や身振り手振りに現れるもの すべてに興味を持つことが大事なんです。

それが信頼関係を築くことにも繋がります。

親子関係ですから、頭ごなしに話を押し付けてしまう事もあるでしょう。

ですが、北風と太陽という話にもあるように、時には北風であっても良いのですが、親御さんには太陽になってお子さんと接していただきたい。』

 

そんな内容だったと記憶しています。

形式通りの式典の中で、想いの込められた熱いメッセージが雰囲気との違いを感じさせました。

なんか失いたくないって思って、式典の目録に走り書きをして、あらためて見てもソコには熱が残っていた。

親子だけじゃないと思いました、人と人だと思いました。

自分自身に対してもそうかなって思いました。

なにかテーマを頂いたようにも感じました。

 

大事な息子を委ねます。

どうぞ3年間よろしくお願いします。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL