【保険屋さん】理想に向く。

            画像はイメージです

 

脳は否定形を否定と捉えるのが苦手なんだと言う。

 

『 押すなよ!押すなよ! 』

今じゃテッパンの、押して欲しい人が言う言葉になった。

本当なら何だろう、『 見てて 』かな。

 

絶対に負けられない戦いが・・・

これは 「 負け 」側にフォーカスを向けて、” 負けて惨めな思いはしたくない ” みたいな反発力に期待している言葉?

だから勝っても ” 負けなくて良かった ” に近い感情が無くはないだろう。

選手にしてみたらプレッシャーが強そうです。

だとしたら、「 勝ち 」側にフォーカスを向けて、” 勝って嬉しい思いをしたい ” って欲求を持つのはどうかしら?

そしたら負けたとしても、次はどうやって勝とうかな? ってなると思うのだけど。

 

ブレーキを修理して、お客様に「 危険を無くしました 」って言うのと、「 安心・安全を取り戻しました 」って言うのだと、後者の方がポジティブな感じがするのです。

マイナスを払拭する のと プラスを膨らます の差だな。

 

そんなことを考えていたせいか、保険の話をする時に、「 安全運転をしてくださいね 」って言うようになりました。

「 安心・安全・快適・健康のためですよ 」って。

もちろん、不幸・不安・不便・不健康にはなって欲しくないです。

上を向いて話せる言葉の方が気持ち良い。そーゆーこと。

それは理想の未来がある方向かも知れない。

 

そう、楽しく行きましょう。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL