【保険屋さん】ヒロウ。

事故の連絡を受け、(可能だったので)現地に駆けつけました。

 

 

警察には連絡したそうなので、到着までの間に保険会社に電話するようお願いをしてから、出発しました。

警察も保険会社も案内が上手で、とりあえず電話すれば会話を導いてくれます。

私が到着した時には現場検証も撤収されちゃってました。

それでも出来るだけ役に立ちそうな情報を拾って帰ります。

 

普段は、お客様はもちろん、お相手や警察官さんとも会話を試みます。

偏った入力はトラブルを長引かせる可能性がありますから。

そして、現場を視ます。

いろんな情報を拾うためです。

道路・交差点の形状、道幅、死角・標識の有無、車線・分離帯、ガウジ痕・ブレーキ痕・・・

当事車両の傷跡や連絡先も。

 

起きちゃったもんは仕方ない。

誰もケガ無く済んでくれれば幸い。

証言に相違が少なければ幸い。

解決が早ければ幸い。

 

事故のストレスが起こす疲労は大きいです。

保険で賄えるのはお金だけで、時間的・精神的負担は自分持ちです。

私も含めて、みんなが安全運転を意識して欲しい。

速度と車間距離、自分の運転を客観的に判断してみましょう。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL