【安心・安全】白黄パニック。

” ホワイトアウト ”

 

ヘッドライトを点けても怖いほど真っ白で、前のクルマも車線も分からない。

「 あ~、安全機能が充実したクルマで良かった 」

って思ったんですが・・・

 

 

クルマも一緒に困ってしまった。

(〃≧∀≦)ゞ セキニン ヲ オイカネマス ♪

 

” 自動ブレーキ ” や ” 車線逸脱防止 ” なんて名称は、先入観で有らぬ安心を抱いてしまうものですね。

吹雪くらいヘッチャラでサポートしてくれ。って期待しちゃう。

こんな要望も数年後には叶うのかな?

 

ただでさえ視界不良で動揺してるのに、『 ピピッ 』って光るメータパネルにも視界を盗られる。

安全機能を失う警告灯が点灯する場合は、ハザードスイッチのパイロットランプも点灯させるって案はどうだろう?

すぐに押せるように。

そしてハザードスイッチは前方を注視したままでも押せる場所に着けて欲しい、とも思った。

 

安心を期待する機能が、動揺に拍車をかける事態になっちゃった。

センサー自慢も良いけど、強力なハザードランプの方が危険回避できる気がした出来事でした。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL