【鈑金塗装】安全運転祈願。

滑走して電柱に衝突したそうです。

ケガ人が居ないと言うので一安心でした。

 

 

どれどれ と分解してみると、ぐしゃっと変形しています。

 

 

軽自動車のウィークポイントが、こんな時に明らかになってしまいますね。

組まれたパネルが衝撃を受け止めて、搭乗者を守ってくれるのですが、弱い。

 

ただ、下の画像は捉え方が違います。

 

 

今回の衝突と関係なく、エンジンと車体を繋げ支える部分が腐食して、地面が視えているのです。

こうなると強度不足で、強い衝撃に耐える構造を成しておりません。

つまり、この部位が絡む事故の際は、損害が大きくなって、搭乗者がケガをするリスクが出てくるワケです。

 

車検付きで購入されたクルマ、のようです。

車検の時にどんな状態だったかは分かりませんし、次回の車検ではそれなりに費用が掛かるでしょう。

売った側さんは、どこまで説明してくれているだろう?

気付いてしまった私の責任として、強度が不足しているは報告はしますが、おそらく、そのまま乗るでしょう。

走る・曲がる・止まる には問題が見つかりませんから。

 

車検は、” その時 ” 検査基準をクリアしてるってだけで、2年間安心して使用できる約束ではない。

誤解されがちなルール。

売る側、整備する側の立場の人が、どういったスタンスで仕事とするか?

大事な問題です。

 

ぶつかる前の話として、やっぱり安全運転をしていただきたいのです。

事故やトラブルに遭わないために、スピードと車検距離にフォーカスしてください。

当たり前じゃない 安心・安全・快適なカーライフ は自分次第ですもんね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL