【保険屋さん】T と + と ♢ 。

いろんな想いを抱いて事故現場へ向かう。

 

     現場は見通しの良いT字路。

 

T字路での接触事故。

(赤) 突き当りを一時停止、からの左折

(青) 左から右折

(青)さん曰く『  (赤)がこちらを見ずに、膨らんできたから 私は避けようがなかった 』

了解です。

 

      イメージ 01

 

      イメージ 02

 

(赤):左折で進入するケースでは、右側から走行してくるクルマが気になるので、正面から 左側 の安全確認が希薄になりがち。

(青):右折で通過するケースでは、対向車・横断者(黄色の存在)が気になるので、右後方の安全確認が希薄になりがち。

大前提として、(赤)が交差点に進入する立場ですから、注意義務は大きいですね。

ざっくり言うと、こんな事故でした。

 

ところで、交差点内にはマークがあるのをご存知ですか?

右折する車両は、そのマーク(下の画像では赤い矢印をしてあるTのマーク)の直近内側を通りなさいってルールです。

要は(青)側は(赤)の走行ラインを空けてねって目的。

 

     交差点右折車両の注意点

 

今回は、どちらかが 自分の走行ラインから ” はみ出した ” から起きた接触で、基本的ルールに鑑みて(赤)に85%の過失、と決まりました。

どちらも画像などの客観的証拠が無くて、相場通りの着地で終わりましたが、2台の位置関係にグレーな気持ちが残る結果でした。

 

交差点の通過は大きな注目点で、みなさんもご自身が右折する時の走行ラインを意識してみてください。

バスやトラックが正しく曲がっているコトに気付きますよ ♬

んで、ドラレコ着けましょう!

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL