【ココロ整備】読んでみて。

自分の意志で、警察署を訪れることがあります。

クルマの保管場所を申請する用事です。

 

 

 

カッコいいパトカーを眺める分には良いのですが、警察官がゾロゾロいるのは威圧感ありますね。

極力ソワソワしないように用事を済ませます。

まぁそれは良いとして。

 

警察署の中には掲示物がたくさん有るのですが、以前 ” 交通事故被害者遺族の手記 ” って冊子をいただいて読みました。

もし、見つけたらご一読いただきたいです。

たくさんの方が投稿してくださっています、勇気を出しての行動だと思います。

文章にするための言葉を出すのすら苦しかったんじゃないだろうか?

本能も理性もグチャグチャに崩壊しちゃいそうだよな、苦しいだろうな。

運命なんて言葉がどれほど憎く聞こえるだろう。

そんな風に思いました。

 

 

ただでさえ望まない出来事を、理不尽な状態の運転者が起こしたとしたら。

でも、加害側を非難するよりも、ご遺族の心から何に気付けるかって全編だったと記憶しています。

 

当たり前の日々は、本当は当たり前じゃないですね。

思い描く未来だって、かならず訪れるものでもない。

だから、せめて、安全運転を意識しましょう。

 

誰でも誰かに愛されている。

『 おかえりなさい 』って言葉が、あらためて尊く感じられます。

すべてが幸せになって、すべてが幸せで居続けることが出来ますように。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL