スタッフ佐藤の 『車と無関係かもしれない話』006

第6回 《見えない部分》

 スズキのK6Aエンジンをオーバーホールした時、
吸排気バルブまわりの汚れ具合がひどかったので
見過ごす訳もなく、清掃しました。

 

 カムシャフトのプーリー固定穴が変形していたので

交換しました。始動時のガラガラ音の原因です。

 

 古くなっていたピストンリングを交換しました。

 

マフラーから白煙が出る原因です。

 

 バルブステムオイルシールを交換しました。

 

こちらもマフラーからの白煙の原因です。

 

 普段は絶対見られない部分が丸見えです。

 

 

エンジンを降ろしたからこそ発見できる箇所。
ここまでやるからこそ交換できる部品。
普段はエンジンに隠れて見えない、エアコンパイプからの
ガスもれも発見できました。

 すぐ見える部分は、

 

 

スズキ愛車無料点検で実施いたしますので、タイヤ交換やオイル交換と一緒にいかがでしょうか? 

 

 

 

以上 

 

スタッフ佐藤の『車と無関係かもしれない話』

 

6回 《見えない部分》でした。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL