顕微フォン🔎。

ドガンと老眼が来た さのりです。

 

自称技術職の私は、時計の電池交換をヒトに頼むことが許されません。

(〃≧∀≦)ゞ 意固地~ ♪

 

今回の挑戦は次男坊のTIMEX。

会社には数多のツールがあるもんだから、ソレらも自分の能力として挑むワケです。

想定通り簡単に裏蓋はパカッと開けれました。

(〃≧∀≦)ゞ 開ケマシテ オメデトウゴザイマス~ ♪

あ、マイナスドライバー1本で済んだんだけど ✋

 

ところが・・・

「 で、デ、電池の番号が視えない 💦 」

ダーツの如く右肘を曲げ伸ばししながら、柔軟さの衰えた視力をサポートしてみる。

でも、ソレを解決してくれたのは iphone 📱 でした。

ズームすりゃ視えるんだもんね ♬

 

 

「( 今年で50、視えなくもなるかぁ・・・ )」

まぁ良いや。

自分で解決できない課題には悔しさも感じるけど、補う手段があるなら喜ぼう。

そんな学びになりました 📖

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL