手計算知らず。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

「 もう使えないのに捨てれない 」

そんな保険専用電卓が引き出しに入っていました 🔎

(〃≧∀≦)ゞ ミニタリフ ♪

 

 

保険募集人さんとして、私は手計算を知りません。

代理店を立ち上げてくれた母はずっと、厚い本を隣に置いてましたけどね。

面倒くさそうなヤツ、失礼だけど。

 

 

私が募集人になって間もなく、この電卓的なツールが登場して、さらにパソコンが追いかけて来た記憶。

激変期だったんだろうなぁ、来るべくして。

その潮流は今、またたく間に数パターンの試算を作れ、お客様が困るほどの選択肢を用意できています。

中途更改だって、最適車両入替えだって、お客様のメリットを能動的にパカパカご提案できています。

本当は面倒だけど・・・

(〃≧∀≦)ゞ ソレヲ 言ウナ ♪

 

よりお客さまのメリットを考えた活動に尽くすと、本でもミニタリフでもなく、やっぱりパソコン。

未来に在るシステムならもっと、活動を詳細に円滑にしてくれるんだろうな。

あ、保険設計にAIが使われ始めたらしいなぁ・・・

だとしても、人工知能に勝てる天然知能で臨もう。

なんたってクルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッドだからねぇ。

対話を以って最適を望めば、勝てないワケはない。

 

適材適所と言うならば、ソコに選択いただける様な材になってやろうじゃないの。

ソコに、ソコにも、ドコにでも。

そして自分でもAIを育ててみたいよな。

どんどん安全・安心が拡がって欲しいから。

 

もう使うことのないミニタリフ。

捨てれないのは、そこに自分の過去が在るから。

そんな気がします。

大事にしておきたい想いを忘れないよう、引き出しにしまっておきます。

(〃≧∀≦)ゞ 初心忘ルベカラズ ♪

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL