カッチョ良さの陰で。

車検整備も頑張る さのりです。

 

ヘッドライトやブレーキランプは点灯してナンボ。

安全性を高めるためですね。

じゃあ、灯りは多い方が都合良いの?

って前振りから・・・

 

 

LEDを散りばめたカッコ良いテールランプ。

第9問目が不正解でした。

(〃≧∀≦)ゞ クイズ タイムショック ♪

電球タイプよりアピール度が高くカッチョ良い ♬

でもね、全て点灯しないと車検は 🆖 なんです。

ちなみにLEDってだいたい3の倍数。

(〃≧∀≦)ゞ 雑学~ ♪

 

『 いやいや 、点灯を確認できるから良くね? 

「 お気持ちは分かりますが、すみません。」

左右対称に点灯しなければならず、もともと点灯する前提の装置が不全なら検査不合格なのです。

 

法に従いパーツを交換させていただきますが・・・

9個のうち8個 ≒ 89% は点灯してますからね。

1個の電球で灯火を賄っているブレーキランプに比べたらずいぶんと安全だって感じます。

そしてついでに。

LEDのランプを治そうとしないのは、振動や雨水の浸入による不具合の再発生が想定できちゃうから。

カッチョ良さには関わりたいんですけどね。

 

個体では安くてアピール度が高いLEDも、ユニットにされると事実上交換は安くない。

製造時だけのメリットと言えば皮肉でしょうか。

って事で、灯りの数だけリスクもあるって話でした。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL