ひとのためならず。

人の心に気付けない さのりです。

 

とあるポスターを見つけて考えさせられました。

 

 

他人がたくさん乗った静かな車内で、

『 席を譲ってもらえませんか? 』

って声を掛けるのには勇気が要るでしょう。

(@_@;)  ソウダネ。

『 席を譲ってあげてもらえませんか? 』

これもなかなか言えないなぁ。

 

想いが派生しました。

道路上に於いても、あるなぁ。

 

『 そんな速く走れって言われても。』

『 優先の矢印が出てから右折したいのに。』

後続車両の圧を感じる事って無いでしょうか?

 

運転が不得手な方でも安全に運行出来るようなルールが敷かれている。

だから助かっている、って方は多いかも知れない。

 

「 遅いなぁ 」

って思うのは自分基準で、その方にしてみれば認知・判断・操作を安全に行うギリの速度かも知れない。

「 行けるんじゃね? 」

って思うのは自分基準で、その方にしてみればトラブルを怖れて進まないのでしょう。

 

道路上は自分じゃない人だらけ。

基準も一人ひとり違うんだ。

 

少なくとも他人を巻き込んじゃイケない。

ゆとりを持って、思いやりのある運転をしたいな。

そんな風に思ったのでした。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL