輸入タイヤと皮肉。

海外製のタイヤも扱う さのりです。

 

『 輸入タイヤって、どんなもんなの? 』

そんな質問をちょいちょい受けます。

 

ちょうど該当車輌が来店したので紹介します。

輸入タイヤで、5年間 / 24000km走行したお客様。

※ スタッドレスタイヤの期間もあるので純走行距離は不明です。

当時、価格としては国産タイヤの4割程度でした。

(〃≧∀≦)ゞ 半額未満 ♪

さて現在は、どんなもんでしょう?

 

    よく診るとヒビ、ビビビ~。

 

走行感には不満がないそうです。

『 よぐ分がんね。』 って言ってますから。

(@_@;)   興味無ェノカナ ?

トレッドはキレイです、溝は半分有ります、ヒビが診られます。

 

ここまでの要素を参考に私見を。

① 空気圧を管理すること

② 冬場は、日差しと雨風を避けて保管すること

③ タイヤにも優しい運転をすること

 

とある方の空気圧点検、規定の半分・・・

 

大前提で ① と ② をクリア出来ていれば、冒頭のお客様の様に輸入タイヤでも5年履けてます。

だとすれば輸入はアリだと感じます。

あ、夏タイヤはね。

 

次に皮肉を言います。

① が出来ないとREGNOだろうが台無し。

タイヤの評価をする前の段階です。

皮肉を終わります。

(〃≧∀≦)ゞ シツレ~ シマシタ ♪

 

そんなマメに点検って出来ないですけどね。

地味に面倒だし。

でもね、タイヤを活かすためなんです。

そんなもんで冒頭の質問への回答は、

「 使う人次第ですね ☝🏼🌟 

 

あ、そうそう。

組付け技術も大事です。

時間を掛けてでも丁寧に作業する人を選んでいただきたいと願います。

タイヤ自体の他にも重要事項って多い。

そういうコト。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL