流用性を望むタイプ。

仕事では効率を重視する さのりです。

 

『 パワーゲートを擦ってしまいました。』

了解です。

仕事に穴を開けさせたくなかったんで、事前に確認しに行くと、たしかに赤いリフレクタ( 反射板 )が無くなっている。

 

 

脱落していない右側の部品番号で発注したのですが、部品屋さんからの情報で・・・

『 この番号だと、プリウスα のリフレクタが出てきます。』  って言うんです。

 

 

パワーゲートみたいな量産しない特殊な装置だと、部品を流用している場合があります。

すでに流通している市販車の部品を使ってくれると、早く安く手に入ります。

使用者も修理業者も、すごく助かるワケですね。

 

 

市販車両に於いても、部品の共有をして欲しいと思うんです。

デザイン性が、って抵抗されるのだろうけど。

別に形を変えたところで、安全性も燃費も影響無い部品なんて多い。

だとしたら、同じ部品を利用できる方が造る側も使う側も費用を圧縮出来るでしょう。

 

ジョブスが同じ服を着続ける感覚、とは違うか・・・

まぁ良いや。

 

部品の共通化は、お値段にも仕事の効率化にも良い影響が強くなると思います。

効率化なデザインにシフトしても良い気がするんだけどなぁ。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL