未解決な解決も時には。

1度だけアウディに乗ってた さのりです。

 

とある舶来車で以前も経験しているトラブル。

いや・・・  トラブルって言って良いのかな?

 

 

『 何かタイヤのマークが点いちゃって・・・ 』

ご丁寧に取説の該当ページを開きながら来店いただきました。

メータパネルの真ん中には、Check tire の表示。

そして、右下にはタイヤをイメージした警告灯が点灯してます。

 

パンクかしら?  って点検しても異常なし。

テストランしても異常は感じません。

タイヤ交換すると、点灯することも有ると言うけど、それもしばらく前だしね。

マンホールの蓋でスリップでもしたかしら?

以前もそうでしたが今回も、リセットしたら何事もなかったかのような澄まし顔。

(〃≧∀≦)ゞ ワカンネ~ ♪

しばらくは経過観察とさせていただきます。

 

 

テストラン一発目の交差点ではワイパー動くし、Pレンジが存在しないし。

たまには舶来車にも興味を示しとかないと。

 

国産とか舶来車を問わず、電子装置自慢な時代になってて、よく分かんない気まぐれな自己診断も増えてると印象を持ちます。

赤いランプ・黄色いランプが表示されると驚くと思いますが、トラブルが発生したら冷静に・早めに、整備士に点検をご依頼ください。

みなさんにとって、カーライフがどんどん楽しくなりますように。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL