3蜜で思い出した話。

交通安全に興味深々の さのりです。

 

AEB:衝突被害軽減ブレーキ ってあります。

人を感じてブレーキングしたり、こんなイメージですよね。

 

    あくまでイメージとして使ってます。

 

これで人身事故が減るならドンドン装着して、平和な世の中に導いて欲しい。

ただ、あくまで人間のミスを補う技術であることを、運転者自身が理解しないとね。

 

ところで、交通事故総合分析センターさんって組織が有るんです。

すごいレポートがたくさん記載されてるので、ちょいちょい拝読させていただいているんです。

そんな中で、AEB装着車でも事故が起きてしまった事例を調査していました。

記事を確認すると、カメラやレーダーが視認しにくい対象として、集団で歩いている歩行者。と記載が有りました。

( ITARDA INFORMATION 交通事故分析レポート NO.133 より )

 

それで、気付いちゃったんです。

メーカーのカタログなんかでアピールしてる図では、歩行者のシルエットはハッキリ人の形を成している。

重なってたら・・・ 集団だったら、人と視認しづらいって事ですね。

 

 

だとしたら、集団登校にAEBは効果しづらいと理解しちゃう。

もっとも守るべき対象として挙げられる子供たち。

交通ルールだって、きっと未だ理解しきれずに歩いてるだろうし、動きが読みづらいし。

やっぱり、ゾーン30を徹底するとか、通学路を走行しないって意識が、運転者として肝要な道徳なんだな。

また、自分が歩行者の立場の時にも、トラブルに遭わないためには?

そんな意識も必要だと思わされました。

 

交通安全は誰もが願う事で、与えられるもんじゃなくて、みんなで成すもの。

3蜜回避の理由がココにも有ったんだな~って思った話でした。

(〃≧∀≦)ゞ コジツケ~ ドンダケ~ ♪

『 今日は全国で事故も、新たな感染者も確認されませんでした ♬ 』

そんなニュースが聴きたいな。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL