夫婦間程度なら。

ガリッとやってしまったミニバンのお客様。

すごく後悔してました。

旦那さん怒ってるし・・・

 

 

ドアパネルは鈑金、下のモールディングは交換の予定でした。

が、チャレンジの結果として部品の交換は無しで完結出来ました。

 

 

試しに修理してみて、ダメなら交換する。

そんな時間をいただける場合には、結果として出費を抑えられるかも知れません。

逆に、交換出来る物なら修理よりも交換、って方もいらっしゃいます。

仕上がりとして差異は無いと思いますけど、選択肢は用意出来ますので納得な方でどうぞ。

 

今回のお客様は、『 ソコに低いブロックが在るのは知っていた。』と言います。

左折時の内輪差を見誤ったようですね。

例えば、対向車が迫ってきて進入角がキツかった。とか、後ろからチャリが来ててブレーキ・ポイントがズレた、とか。

それまで100% 無事に通過していたルートほど、油断って言われてもピンと来ないかも。

あらためて自分の通勤路を思い出してみると、危険そうなポイントが少なくない事に気付きます。

 

しばらくすると旦那さんが、『 人をケガさせたワケじゃないしね。』って言ってくれました。

嬉しいですね。

長年運転者をしてると、反省する機会も幾度か訪れるでしょう。

それが自分内とか夫婦間で起きる程度なら、まだ幸いなのだと捉えましょう。

そう言えるのは、自分でも相手の有る事故を起こしているし、数多の事故車両を見てきて居るから。

衝撃を体感した刹那の感情は深く刻まれますから、近い人の優しさが嬉しいと思います。

 

きれいに治ったので、ポジティブにリセットして欲しいです。

ご家族の幸せに永く寄り添うクルマとして大事に乗って欲しいです。

またのお越しを・・・

いやいや、定期点検とかポジティブな意味で。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL