不安を帯びた通過。

ファンベルト交換の依頼を受けました。

 

瞬間気付くほど曇っているヘッドランプ、車検直後なのにね。

他社で取った車検です、念の為。

 

 

アナログな照射テストでは、左がぼんやりしてました。

まぁ、当然か。

表面を磨いた形跡も観られませんでしたからね。

(〃≧∀≦)ゞ カッサカサ ♪

 

           右

 

           左

 

          ボヤ~ン

 

弊社は認証工場ですから、国の検査ラインを通ります。

当然、国の基準をクリアしないと車検には受かりません。

そんな環境下の僕らが思うんです・・・

「 これで通過は無理じゃね? 」

つまり、認証工場の車検ではないはず。

って、もちろん、ドコで取ったかは直ぐに分かります。

(〃≧∀≦)ゞ ナイショヨ~ ♪

 

左のヘッドランプは、歩道側を照らす役割を持っています。

クルマを含め道路を利用する者たちは、お互いにその存在を認識しやすいように努めるのが理想。

法律はもとより、道徳でしょう。

早めのライト点灯。って運転者の視力の良し悪しに関係しない。

視認性に不安な方のためにも点灯して欲しいのです。

 

ベルト交換も車検の時には案内無く、後日整備を勧められたそうで。

車検時にやれば安く済むのに・・・

それも正直にお伝えしました。

 

いろんな車検とか、いろんな理由は有るのでしょう。

でも、安全性は誰だって高いほうが良いはずで、車検も公道も堂々と通過させたいと思いました。

さてさて、自分たちの車検はどうだろうか?

振り返る機会でもありますね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL