切れてないです。

『 ブレーキランプが切れてるって言われたんで診てください。』

了解です。

 

とあるメーカーのクルマで頻繁に観られる現象なんですね。

んで、点検すると電球は生きている。

長州小力 🧝🏽‍♂️ みたいに、「 切れてないッスよ 」って報告して、

『 んじゃ、なんなのよ? 』 って怪訝そうにされる事がほとんど。

 

 

いっそ、電球を交換して解決する方が説明も楽で都合良いのですが。

このソケットの構造がよろしくないのでございます。

 

 

筒状の電球ホルダを引っこ抜くと、アース線もベロっと出てきます。

んで、「 何で溶着させてないのだろう? 」 と訝しく思うのです。

アース線が黒ずんでいるから、接触不良の原因はココでしょう。

接触を良くする対策で施工終了させてます。

 

溶着するなり、ちゃんと電気が通るように作ってくれれば起きないトラブル。

安価に作った結果、ユーザーの維持費が増すのだとすれば不愉快にもなるでしょう。

それを気の毒に思ったクルマ屋が工賃を削る、だとすれば更に不愉快。

 

こーゆートコが、メーカーへの信頼感とか好き嫌いに影響するんだよな。

新型車以降のクルマがちゃんと作られることに期待します。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL