ためらうアピール。

スーパーに並ぶ野菜たちが、さっきまで土まみれだったとは思えない。

シュパッとした瑞々しい現在に、脳内が都合の良い味覚の予兆で占有されるからかしら?

 

      朝早く届いた瑞々しい作品。

 

そして畑では、ミョウガがどんな姿で収穫を待っているかなんて知らない。

土の上だろうけど、ぶら下がってるのか?  陽に向かって伸びてるのか?

そんなもんだから、農家さんが来社されるたびに「 へぇ~ 」が連発される。

『 おめぇはクルマだけ知ってればやぁんだものな 』も連発されます。

 

『 ミョウガは酢漬けにすると、美味しくてパクパクいぐべ?  贅沢だけどな。』

どうやらそれだけ単価が高いらしい。

『 パセリは畑の手前に植えるなだ、旬の瞬間をちぎって食えるし、見えねぐなる。』

どうやら食べ頃の変化が早いようで、畑の中では背丈が低いんだろうな。

整った結果しか知らない私は、切り身が海を泳いでいるイメージをする子供と大差ないのかも知れない。

 

生産者として、尽くした色々な手間や想いには評価が欲しいだろうなと思います。

商品に苦労話を添えたくなるのは、そんな意味も含まれているだろう。

ソコだけ捉えると自分も似てる部分に気付く。

コーヒーのCMで、『 修理ってのは誰が直しても同じじゃないんだ 』ってフレーズがありました。

深く目を閉じ首が左下に傾く。

そこから先をアピールして明らかにするべきか、黙って尽くせば良いのか、考えちゃう部分でもあります。

 

傷ついたボディパネルをペタペタ塗る代わりにいただいた、想いの込められた新鮮な野菜たち。

さっそく嫁さんにミョウガをピクルスにするようお願いしました。

料理だって、誰が作っても同じじゃない。

期待しちゃいます。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL