数字でサブい。

『 高低差ありすぎて耳キーンってなるわ 』

ご存知、フット後藤さんの名ツッコミですね。

 

エアコン整備をしてると、効いているかどうかの基準として、外気温と冷風吹き出し口の ” 温度差 ” にフォーカスします。

画像のように、高低差 10℃ 以上あれば 耳キーンじゃなくて、「 気、持、ち、よっ 」ってなります。

細身の方なら『 わっ、サっブ 』 かも知れません。

ちなみに、走行すればもっと温度差が出ます。

 

 自作のペットボトル・サーモゲージ

 

エアコンの効き具合って普段は感覚だから、こうして計測して数字でも冷えを感じる事が出来ます。

数字を提示されると納得させられちゃうコトってありますもんね。

カロリー表示見て、天ぷら蕎麦からネギ蕎麦に変更したり、ドリヤから・・・

まぁ良いや。

 

エアコンの心臓部であるコンプレッサや、冷媒の噴霧状態を確認するためにも、ゲージ(計測器)を使います。

ここでは ” 圧力差 ” にフォーカスしています。

 

エアコン整備 ガスチャージ

 

部品点数が多い分だけ、不具合の起きやすいエアコン。

走行距離や年式にも相応して、理想の状態にはならないケースもありますが、ベストバランスを狙って調整してます。

理想の追求と妥協の落とし所が難しいんだよな。

だからこその、高低差 10℃ って目安。

ちなみに高低差 20℃ を越えると恐ろしくサブいです。

 

暑い寒いは感覚だから、数字という根拠を添えて、先ずは自分が安心する。

根拠って言い訳とも捉えられますもんね、大事大事。

まだまだ猛暑は続きそう、身体に気を付けて頑張りましょう。

快適さにモヤ~っとしてる方、点検だけでもどうぞ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL