【整備屋さん】いないいない。

とある型式のクルマが入庫すると、真っ先に確認するのが この骨格。

 

 

今回も案の定、ポコポコ叩いたら穴が開きました。

 

「 あ”~ ブラックホールだ~ 」

 

もう意識が吸い込まれて、脱出できなくなるのです。

でもまぁ、この程度のブラックホールなら蓋っこ被せて修理出来ます。

いないいないばあっ! ならぬ、いないいないいないいない。

 

ふざけちゃってますが、実は強固であるはずの骨格の脆弱化は怖いことです。

クラッシュ時に搭乗者さんの安全を守れない恐れがあるからです。

車検だから とかじゃなくて、見つけ次第修理させていただきたい部分。

整備士さんには、安全を維持する使命が有ります。

『 事故なんて起きない 』 そんな都合の良い思い込みに付き合って、ユーザーさんがケガしたら大変なんです。

幸いにも他の部分で不安な箇所は看られなかったので、継続して乗っていただく段取りです。

 

安心・安全・快適・健康に永く乗って欲しい。

そこに貢献出来るクルマ屋さんでありたいです。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL