【整備屋さん】そんなルール。

マフラーって、排気ガスの漏れがなくて、うるさくなければ良い。

って私は思うんだけど、他にもルールがありまして。

 

とある年月以降製造のクルマから、保安基準の根拠(メーカーの刻印など)が無いと車検NG なんです。

たとえ、純正品の刻印がサビていると客観的に分かっても、です。

つまり、違法性は感じられないのに、交換を強いられる場合があるって事・・・

法律とお客様に挟まれる立場の整備士としては、複雑な思いを抱いてマークを探すワケです。

 

   助かるわぁってタイプ。

 

軽く研磨しないと確認できないタイプ。

 

   サビに襲われて交換を強いられたケース。

 

「 申し訳ないのですが、刻印が見えなくなっているので交換です。」

この 泣き寝入り はわれわれも心苦しいです。

堂々と話せない交換の根拠と、上積みされる請求額。

「 部品を交換して、こう改善されました 」も出てこない。

 

ただの愚痴になってしまいました、すみません。

製造者さん、どうか もう少し強く打刻してください。

そして法律も、現実に寄り添った緩和がなされますように。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL