【BODY整備】飾る、サビる。

スポイラー付近がサビる。

 

 

ボルトとかクリップで留めているのですが、振動でスポイラーとボディが擦れ、塗膜が削られる。

そんな主因で、軽自動車に多く診られがちな印象です。

軽自動車はパネルが薄いので、ゴツいボルトだと締め付けの偏りで母体が変形する恐れがあるんですね。

また、スポンジ状の緩衝材に鉄粉が入り込んで、サビるのを助けていたなんて皮肉なケースもありました。

 

 

ボディのサビに対するメーカーの保証は短いですね。

降雪地だし、日本海の潮風が吹くし、車庫無いし。

「 休みの日にはクルマを洗って、しっかり乾燥させましょう♫ 」

なんて言ってもキツいでしょう。

『 週に2回は1時間の有酸素運動をしましょう。』

『 生活習慣病の原因は、あなたの私生活に問題があるのです 』

そんなふうに言われているみたい。

 

ならば、クルマを選択する時には、サビを誘発するような装飾品を着けなきゃ良い。

と言っちゃえば皮肉ですが、ヒトツの選択肢としてご提案します。

ちなみに、コーティングも結局塗膜が削られちゃうんで対策にはなりません。

 

メーカーを問わず、お客様の欲しいクルマを用意して、ず~っとクルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッドで貢献する。

たぷたぷの幸せを共感できる有難さが車販の喜びなんで、欲しいスポイラーなら止めません。

サビを修理したい方は画像を添付してメールください。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL