【鈑金塗装】侵入させない < 抜かす。

クルマは永く乗り続けるのが経済的だと思います。

支払いが終了したら 自分の財産にして、天命を尽くしきるまでは蓄える期間にする。

借り物で乗り換えるって流行りも結構だけど、アパートと持ち家に例えた方がいたな。

なかなか理解しやすかった。

 

まぁ良いや。

当社は継続を推していますが、軽自動車だと こんな腐食を理由に代替えを強いられるケースが多いです。

  錆を除去するとこんな穴に・・・
  塞がないと車検受かりません。

すごく快調に走ってるんです、大事に乗ってるし。 どうしてそんなに車検高いんですか?

なじる様に問われる事もあります。

乗り方が悪いワケでもないし、気の毒です、同情します。

だから コッチを責めないで (*_*) リンダコマッチャウ

 

結局、融雪剤や泥なんかの水分が抜けないんですね。

どんだけ侵入を防ごうとしても、走行中の風圧があれば隙間から入るでしょう、水の大きさなら。

だから 洗い流して乾燥させれるような 抜けの良い構造なら良いんだよな。

しかも軽のパネルは裏も表も一緒なくらい薄いから錆始めると処理が大変。

 

今回のクルマは他に高額な修理箇所が無かったから 汎用の鉄板で加工修理しましたけど、こういう状態をご覧になったお客様はやっぱり驚かれます。

そんな気持ちを忘れて、楽しいカーライフを過ごしていただけるように付加価値を持たせる整備を施す!

 

そうやって頑張るからお酒が美味いのでしょう♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL