【エアコン整備】餅つき。

コンプレッサーを新品に載せ替えると、違いが良~く分かります 😀

圧縮して送るガスの量が違うんだろうけど、寒くすら感じます。

 

数日前に再生品のコンプレッサーに載せ替えたSUZUKI EVERY。

「 またエアコンが利かなくなった。」と、クレームで再入庫したら、本体が ビッチャビチャ ⁉

狭いので、汚れ処理だけでも大変。
  狭いので、汚れ処理だけでも大変。

鑑識官のスタッフJの報告は、『 コンプレッサ本体の合わせ面 からガスが噴霧してました!!』

当社の無過失に胸を撫でおろしました。

 

当然、部品はメーカークレームなんですが、この場合の再整備料金って誰持ち?・・・誰の餅?

ぺったんこっ! はぁっ! ぺったんこっ! 二度手間ぺったんこっ!

エアコンシステムは、わずかなゴミの侵入も許されないデリケートな整備なのにさ。

・・・他人の過失って責めやすいですもんね、本性がバレないようにグッとこらえて・・・

原因としては、①合口に付けるパッキンの品質不良 ②合わせ面のピッタリ不良 のどっちかでしょう。

再生品とは言え、完成テストをしているか訝しい思いを抱く経験になりました。

「 極めて遺憾です。全力を挙げて再発防止に努めます。」

幻聴が。 (〃≧∀≦)ゞ キキナレタゼ ♪

 

でも、ワザとでない限り 明日は我が身。気を引き締めます。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL