【タイヤ整備】品質 ≦ 点検。

タイヤの内側だけが減るってケースがあります。

なかなか気付く機会がないのですが、間違いなく危険ですね。

見た目では気付きづらいですが、直進不安定だとか、ブレーキ制動距離が延びるとか、体感覚の無意識では感じていると思われます。

 

『 あと何年乗れるかな? 』

新品が良いのは当然だけど、安い商品ではないですから 交換のタイミングはためらう部分だと思います。

ただ、強いてアドバイスを放ちたい。

内側は視えづらいッスね
  内側は視えづらいッスね

自分でタイヤ交換をされる方は、視覚的に内側が減っていたら交換を優先しましょう。

気付かなかった、で望まない事態になってしまったら大変ですからね。

また、ワイヤーが飛び出た状態で走っていたクルマのほとんどは、外側の見た目は大丈夫そうなのです。

 

タイヤを上手に経済的に使うためには

☆ 空気圧を点検してもらう

☆ シーズンの途中で1年点検や車検があったらローテーションを依頼する(タイヤを外す機会なので、最適な位置に付け替えるのです。当社では最適ローテーションをしています)

この2項目は無料なはずですから、整備工場を有意義に利用してください。

あとは、親身になってアドバイスする整備士に出会うことかな?

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL