【ブレーキ整備】信念って。

ブレーキが変 だと気付いているのに、「 借金(買掛け)が嫌いだから (笑) 」 と、お金の都合がつくまで入庫を拒んだお客様。

数日後、ようやくリフトアップした時には、ブレーキが引き摺り熱を持ち、タイヤが空転しない状態で、とっても危険でした。

ピストン/左:新品 中:研磨再使用 右:交換
 ピストン / 左:新品 中:研磨再使用 右:交換

 

ブレーキ整備 パッド交換
 茶色はパッドが1mmで台座だけ。黒が新品。

無事 安心・安全を取り戻したから良かったけど、おそらく奥さんはこのストーリーをご存じない、はず。

どうしても、即入庫させるべきだったと強く後悔しています。

ハンドル操作ミスが引き起こす事故やトラブルなら、たくさん想定出来る。

 

ブレーキ整備 キャリパー修理 オーバーホール
    ブレーキキャリパー・オーバホール後

 

ブレーキ整備 ディスクパッドホルダ整備
 パッドホルダのサビを研磨した状態

『 借金を作らない 』って信念を貫いたお客様。

信念って言われると難しく聞こえるかも知れないけど、信念は その人の過去から成るもので、誰もが確固としたものを持っている。

洗濯物の畳み方や食事の作法ひとつ採っても、個性とかスタイルって言い方の信念が籠っている。

 

仲良しの関係を維持したくて、違和感を抱いても笑顔でやり過ごすコトが多いかも知れません、私は。

今後は お相手にとって不都合な事態を想定出来たら、勇気を持って対話してみようと思います。

 

それがお互いの信念を都合良く更新することになって、未来も仲良しで居れると信じれば良いのですね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL