スタッフ佐藤の 『車と無関係かもしれない話』

スタッフ佐藤の 『車と無関係かもしれない話』

 

皆様、初めまして。佐紀自動車のスタッフ佐藤です。

本日より不定期ながら、車にまつわる話を気が付けば別の話題に

すり替えるという一方通行なコーナーを展開させて頂きます。

当社のHP閲覧時はこのコーナーも目を閉じて読んでやって下さい。

 

 

第一回 《使い回しはエコロジー》

 

自動車の故障でやむを得ず部品交換が

必要となった時。

「次の車検は取る予定がないから

中古の部品でもいいよ。」

この様な状況。よくあります。

その自動車ごとに様々な選択肢が生まれますので

車の状態に応じたプロの意見をお伝え致します。

 

いつかは来る愛車との別れ。

沢山の思い出がよみがえりつつも

新たな愛車に気持ちが向かう。

そして気になる。

「今使っているタイヤとホイール。

次の車にハマるの?」

この様な状況。よくあります。

サイズの問題をクリア出来るのであれば

ホイールやタイヤの劣化具合を見て

プロの意見をお伝え致します。

 

小学1年生の息子から

父の日のプレゼント。

皆に内緒でこっそり作ったらしい。

かっこいい箱の中に

覚えたてのひらがなで書いた手紙とお菓子。

 

 

 

[手紙の内容]

ぱぱへ いつもありがとう

いつもむかえにきてくれてありがとうございます

で、この はこは いただきます。

で、このハコはいただきます。

え?なぜか箱はいただけないらしい。

次に使うご予定があるらしい。

母の日は終わったし。

なんだ。そうか。きっと次に誕生日とか来た時にまた。

順番的に次は誰の誕生日かな。

待てよ。私だ。

よっしゃー!数ヵ月後にまたこのかっこいい箱に何か入れて私に…

よし。ここはサラッと返品しとくか。

予想の遥か彼方を行く最後の言葉。『で、このはこはいただきます。』

笑うのを堪えきれていないママを尻目に

「はいよ、箱返すね」

息子は少し恥ずかしそうに箱を受け取った。

 

数時間後。

1年生のかっこいい「お道具箱」

あまり触らないでほしいそうです。

 

以上

スタッフ佐藤の『車と無関係かもしれない話』

第一回 《使い回しはエコロジー》でした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL