鈑金塗装、を考える。

新品に越したことはない。

抽象的にス~っと落ちそうな言葉だけど、私たちは にわかには呑み込めません。

損傷部品に対して、極力治したいのが職人気質です。

交換の方が割安とか、お客様にとって都合が良さそうなら もちろん交換を提案しますけど、

技術と気持ちの表現が麗しく復元を果たした時の達成感とクルマに対する愛着。

まさに技術屋冥利に尽きる!、と言えば こちら側の自己満足の世界ですね・・・少し反省。

 

パネル交換の場合、修理に比べて塗装範囲が拡がります。

塗装の上に塗装が被さるワケで、基本的に塗装範囲は狭い方が良いのです。リスク回避です。

何でも、「あいよっ」て交換したら高額化しますしね。

 

クォータパネルって呼ばれる部分が有ります。

クルマの横後方、ルーフやステップと繋がって、ちゃんと見ると大きいな~って感じるパネルです。

そして、交換作業がモレなく高額なので、修理との境目に悩むことの多いパーツでもあります。

さのり の職人さんは「イケる」と判断すれば黙々と復元に挑みます。

そして、お客様に納得していただける結果に成ることがほとんどです。

1台1台、臨床で判断してお客様の喜びに繋げる。

その想いが信頼関係を築き上げると信じて居ます。

 

下の画像は修理前後の2枚です。

色味が違いますが、交換部品はテールランプだけです。