ラインオーバー。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

「 サイドエアバッグもあって良かった。 」

そう感じさせられる事故に対応しました。

 

 

対向車のスリップによるセンターラインオーバー。

被害者のお客さまは衝突時の記憶が薄いそうです。

その方が好都合かもしれません。

 

 

事故です、故意じゃなかったはずです。

でも、家族がこんな被害に遭ってしまうと平常心もラインオーバーしちゃうでしょうね。

 

事故現場に到着した旦那さんを見てて、とても切なくなりました。

奥さんはすでに病院に搬送されてて、ケガの程度も分からなければ声も聴けない。

タイヤが回らなくなった、まったく修復できそうにないクルマの荷物を確認して、

『 まいった、やばいな、どうすれば良いんだ? 』

繰り返される、無意識が発しているであろう言葉。

「 現場はオレが片付けるから病院に行って 」

私の言葉も聴こえないのか、クルマの積み込みも手伝って、散乱した部品を拾い集めて、素手で。

それからようやく病院に向かってくれた。

奥さんを想う強さが、その所作となったのかな?

 

1ヶ月近く経過したけど、解決なんてしていない。

他人には分かってもらえない違和感と戦って、職場を休みながらの通院を強いられている。

代替え車両も、自分たちで用意しないといけない。

100% 相手に過失がある事故だとしても、被害者側の自己負担とか自己犠牲は大きい。

日常生活のラインを取り戻すには、まだまだ時間がかかると思われます。

 

『 まさかウチのカミさんがなぁ・・・ 』

過失の無い運転をしていても、事故に遭い得る。

そんな教訓すら他人事であってほしい、ホントは。

 

信号が黄色になったら、アクセルを抜こう。

右左折時は巻き込み確認ができる速度で曲がろう。

そんなちょこっとした意識付けでも良いと思います。

他人の数だけ価値観も違う、道路上はそんなもん。

どうかみなさん、ご安全に。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL