味濃く二番煎じ。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

自動車保険のあんしん点検をさせてもらいました。

現契約の募集人さんは、永くお世話になっている方だと聞きました。

縁故は大事になされてください。

 

 

良いんですよ

私の目的は、契約内容とお客様の要望が寄り添っているか確認する事です。

お客様に正しく保険を理解していただき、安心して安全運転をしてもらいたいのです。

保険会社とか代理店を変更出来ない事情だけど、アドバイスをして欲しいって要望も受けます。

ソコに対応するのが私の使命感です。

だからセカンド・オピニオン活動をするのです。

 

ところで・・・

前線で営業担当される方に於いても、保険や補償に明るくない方はいらっしゃるようです。

それは、これまで取り組んできた自動車保険あんしん点検で得た経験が言わせます。

トスアップって、放るって意味じゃないはず。

 

多くのお客様は自動車保険の補償知識が薄いです。

事故の、どの部分にどの補償が機能するのか?

事故しちゃったら、どんな対応を強いられるのか?

解決までに降りかかるストレスを軽減する術、もご存知ないと感じます。

事故はヒトゴト、そこまで想定する必要は無いと思ってるのだろうか?

補償不足で家計が圧迫・破綻の危機に面した場合、誰が助けてくれるのだろうか?

 

縁故は大事です、大切になさってください。

ただ、『 任せている。』 って言っても、買った分しか補償を受けられない事はご理解してくださいね。

『 何が分からないのか、それが分からない。』

買う側は言っても良いけど、買っていただく側もそうだと困りますね。

 

今回もアドバイスを放ちました。

不適合を修正して、不安を解消するアドバイス。

それでたまたま保険料が低くなったもんだから、改善されたはずなのにお客様は怪訝そうでした。

その感情はドコに向いたものなのか?

まぁ良いや。

 

結果、安心していただける契約を保持して欲しい。

そして安全を確保出来るような運転をして欲しい。

自動車保険の恩恵を受けるような事態には至って欲しくはないのです。

事故なんてヒトゴトであって欲しいのです。

でも・・・、って話なんです。

 

もしもの事態にも破綻しない準備。

自動車保険ってそんな目的ではないでしょうか?

安(心を得た上での安)さ、を理解して欲しいな。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL