全席シートベルトの動機付け。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、さのりです。

 

お子さまの命・身体を守ろうって話です。

 

カーライフは快適であって欲しいですね。

ご家族との楽しいドライブなんかは円満な家族のイメージでもあります。

あ、stay home, 自粛中だった・・・

 

後部座席のお子さんを楽しませる用?

うるさくさせない用?

こんな商品が多いですね。

 

 

こんなのを着けてる方なら尚更ですが、全席シートベルト装着を常識化しましょう。

なぜならば、搭乗者の命・身体を守るため。

 

クルマに乗ってる人が自分の身体を支えられる速度の限界って、時速7km程度だと言います。

チャリより遅いや。

不意な急ブレーキで大事なお子さんがケガしたら、そりゃ親の責任でしょう。

がっつり顔をブツけたお子さんに、『 だから気を付けて乗ってねって言ったでしょ! 』  ではないですもんね。

 

 

交差点の事故で、前席の親はシートベルトで守られて、子供が車外放出で重傷だなんて悲しすぎます。

これは大げさな想定でしょうか?

そろそろ、シートベルト装着の理由を、罰金・減点から安全・安心に移すべきです。

幸せにフォーカスを当てて、ベルト装着をお願いしましょう。

きっと後部座席の人々にも熱意が伝わるはずです。

(〃≧∀≦)ゞ 演説ミタイ ♪

 

 

悲しい出来事はヒトゴトじゃない。

カーライフの安全・安心はご自身で準備するようお願いします。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL