メタルへたる。

走行中、うなる様なゴーゴー音がする。

こんな場合、ハブベアリングの消耗が考えられます。

 

 

場所はタイヤの奥、円滑な回転のために活躍しています。

 

 

新品時はピッカピカだし、ペットペトのグリスが充填されています。

でも、グリスの交換や補給が出来ないのでだんだんと消耗します。

そして金属同士が削り合う状況になって異音が発生し始めるって流れです。

(〃≧∀≦)ゞ ツ~ルツル カラノ ゴ~ロゴロ

 

 

まるでルフィの胸のキズみたいになっています。

クルマの生涯で1度、交換するかしないかの部品ですが消耗品です。

時間も費用もそれなりに掛かる交換ですが、不快な異音や発熱を解消して快適な走りを回復しました。

 

継続的に使用していれば異音や不具合には気付きづらいと思います。

それでも、出来るだけ早い段階でクルマが発する悲鳴に気付いていただければ、維持費を安く快適を永くすることが出来ますからね。

たくさんの部品で構成されるクルマ。

その中から1個ずつ部品はヘタります。

気付かないフリ、って事は無いと思いますが、極力早めに点検整備をご依頼ください。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL