スタッフ佐藤の 『車と無関係かもしれない話』017

スタッフ佐藤の 『車と無関係かもしれない話』

 

第17回 《 腰が抜ける体験 》

 

先日の夜、二階の寝室に入ったはずの息子が戻ってきた。

どうやら寝室に虫が出たらしい。

どれどれ、またクモかゲジゲジだろう。

ティッシュ5枚を手に取り、いつも通りのテンションで

現場に向かう。

 

ティッシュ5枚あれば、大概の虫問題はクリアできる。

しかし現場に到着すると、全然いつも通りではない状況でした。

カーテンに3センチ位のスズメバチがおるではないか。

そして色々考える。

まずは妻と小学生を1階に避難させた。

そしてゆっくりドアを締めれば密室の完成。

相手はスズメバチ。さぁ、どうする自分。

まさかの専門業者呼び出しか?いやいや夜だし・・・

だって1匹ですよ。行くしかないでしょ普通。

ここで刺された時の「アナフィラキシーショック」に怯える。

我が家の男性陣は皆、何らかのハチに一度刺されている・・・

でもハチの種類が違うから大丈夫なのか???もはや不明。

 

右手にハエ叩き、左手にアースジェット。

対ハエ用のフル装備でスズメバチと1本勝負である。

ここでテレビ番組を見てインプットされていた記憶が蘇る、

【ハチは夜あまり動かない】

照明は暗めで行くぞ!しめしめ、今ならカーテンのど真ん中。

ゆっくりと接近して完全な射程距離でハエ叩きを構える。

「今だ!」心の中で自分に合図を出し、渾身のフルスィング!

ここからはスローモーション。まさに映画のワンシーン。

太めの針金で作られたハエ叩きが高速で振られた風圧で

首からグニャ~ン。まさかの標的直前でグニャーン。

スズメバチに到達する頃には、ハエ叩きの首が

90度折れ曲がっていたので当然の空振り。

《マジすか!?》という日本語の使用例になる状況であります。

正に、ただスズメバチを刺激しただけという結果ですが

大丈夫。【ハチは夜あまり動かない】

 

・・・って、そんな訳ありません。

怒り狂ったスズメバチが物凄い羽根の音で

飛び立ちます!

こっちは折れ曲がったハエ叩き&残量少なめのハエ用殺虫剤。

さすがに足がもつれて腰が抜けるように転倒。

もうダメな時ってこんなにも無力なのか・・・

と同時に自分の中で何かが切り替わる。

その頃、1階にはドタバタと物音だけが響いていたらしいです。

ここからは、ご想像にお任せ致します。

 

もし自分の家の中にスズメバチがいたら

どうしますか?怖いですよね?怖いですよ・・・

 

 

翌朝。窓の外に出来立てのハチの巣を発見。

あれ?スズメバチじゃないかもしれない?

 

独り言の上空を、羽根音が通過した9月の朝でした。

 

以上

スタッフ佐藤の 『車と無関係かもしれない話』

第17回 《 腰が抜ける体験 》でした。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL