【整備屋さん】違和感度調整。

『 突然パンクしてたの。』

そうでしたか、了解しました。

 

お客様の言葉を鵜呑みにして、修理しようとしたら・・・

 

 

 

ホイールのリムに潰し削られたであろう痛々しい状態でした。

もはや 何ヂストン か分からない。

(〃≧∀≦)ゞ ワカッテンジャネーカ ♪

 

内側もヤられてて、粉っこが観られました。

 

 

おそらく、パンクしてから それなりの距離を走行されてたんだと思います。

パンクは右前輪、他の3輪の空気圧は適正だったので、ハンドリングに少しは影響が有ったと思うんです。

違和感に勝る無意識の対応力、と捉えれば 高性能な人間らしいエピソードです。

 

でもね、違和感にも反応出来たほうが理想的なのは言うまでもありません。

例えば、1輪のブレーキが機能不全だった場合は、クルマを止める予定の位置 よりも数十cm先まで進む可能性が有りますよね?

まぁ、ソコでも無意識にブレーキペダルを強く踏み込むんだと思いますけど。

その数十cmが・・・ ” 止まる → ブツかる ”、” 軽症 → 重症 ”、” 命に別状なし → 危篤 ” 。

大げさな展開にしちゃいましたが、想定出来るし、ヒトゴトとは言えないですね。

 

安全運転は、どんな運転をするべきか?  って意識することが大事。

自分の運転が ” 命の尊さ ”  って話題に触れる事態になったら困るじゃないですか。

『 何か、気には なってたんだよね~。 』

そんな違和感だって、事故に繋がりかねないと思います。

 

タイヤ1本だけ新品に取替えての結びとなりましたが、この物語をどう捉えるか?

少~しだけ、違和感へのアンテナ感度を調整しましょうよ  って話です。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL