【整備屋さん】視覚なリズム。

ブレーキオイルの量が視えない。

最近のクルマにしては珍しいことです。

それでも だいたいは、裏側から強い光を当てると液面が視えるもんなのですが・・・

 

 

結局は液面を見ながらの推測で終えました。

なんかストレス。

リザーブタンクを曇らる理由って何だべな?

(〃≧∀≦)ゞ アキタベン! ショシ~ ♪

 

エンジンルームには 液体の量を確認するだけで、多いと7項目かな?

適量が当然の中で、本当に適量かを確認して行くと言う、あまり意識が留まらない作業。

その他にも いくつも点検項目がありますから、視認性が悪いとリズムが狂うワケです。

考えてみると無意識でリズムを感じていたってコトかしら?

 

逆に このタンクのおかげで、メーカーさんが視認性を高める努力をしてくれていたことに気付いた。

有難うございます。

今日まで、どれだけ視認性の良さを当たり前に享受してきたか。

 

良いモノを作るメーカーと、良い状態を維持する整備士が共存協力して、ユーザーの安心・安全・快適をサポートする。

リズムは自分の都合ってだけで、目的をどこに置くかが大事。だな、きっと。

気付いたねぇ、嬉しいな。

 

自分の中に居るたくさんの自分の中で、戒めとか省みるって担当が弱い私。

自分を客観的に捉えて善く前進したいと思いました。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL